庭で暮らす虫を食べる生き物日記

カエルの置物

「庭でこっそりカエルを放し飼いしてる話」 の続編です。

虫の多いうちの庭、カエルの他にトカゲまで住み着いて…。

ガーデニングのかわいい?パートナー達をご紹介!両生類、爬虫類の苦手な人も少し見方が変わるかも…!?

スポンサーリンク

帰ってきたカエルのボス

春になり、暖かくなってくると、寝ぼけたカエルの声が聞こえてきます。

冬の間冬眠してて、鳴いていなかったから…

声、出ないんだね( *´艸`)うぷぷ…

1話目の、「庭でこっそりカエルを放し飼いしてる話」に登場した「カエルのボス」(昨年私が草刈りの際、草むらに隠れていたボスに気付かず、鍬でケガを負わせてしまいました)

なんと、この春無事冬眠から目覚め、帰ってきたんです!(違う子!?いや、でかいのは1匹しか見てないから他にはいないはず…(;^ω^))

ほんと、心配してたんです。

ひどいことしてしまって…。
無事、冬眠してたんですね…。

家庭菜園(2畳程の小さい畑)にひょっこり出て来ました。

まるで、「帰ってきたよ」とでも言うように…。(気のせいだね…)

りす
りす

気になる1話目はこちら☟ 

新入り赤ちゃんカエル続々登場!

6月のある雨上がりの朝、庭で小さな動く物体が…。

なんと、アマガエルの赤ちゃん(体長1㎝程)が3~4匹ピョコピョコ元気に跳び回っています。
子どもが昔採ってきた田んぼからやってきたのでしょうか。(家から100m程先)

私の実家は、目の前に田んぼがあり、朝起きると幼稚園に行くまでの時間を家の周りを探検して周るのが日課でした。

ある日の朝、 同じように外に出ると、おびただしい数の赤ちゃんカエルが飛び跳ねていたことを思い出しました。

当時の私は大興奮!!

赤ちゃんカエルを捕まえては、バケツに放り込み、ままごと用のまな板で蓋をする

を繰り返し、大量の赤ちゃんカエルを捕獲しました。

まあ、バケツのカエルの騒がしいこと!

「バチバチバチバチ」

飛び跳ねる音があんまりうるさいので、しばらくして放してやったのを覚えています。

カエルの鳴き声はBGM

田んぼの近くに住んでる方はお分かりになるんじゃないでしょうか。

カエルの鳴き声って 、音量としてはすんごい大音量のはずなのに、何故か心地いいんですよね。

眠れない夜なんかは、「うるさいなぁ…」なんて思う日もありましたが、子どもの頃から聞いて育ったせいでしょうか、聞いていると落ち着きます。

人間のイビキとは大違い。

私は高校を卒業すると、実家を出て大阪の専門学校に入り、寮暮らしを始めました。

見事にホームシックにかかった私、田んぼで鳴くカエルの合唱を録音して行こうと試みたことがありました( ;∀;) (失敗に終わる…)

それくらい、カエルの合唱は私の故郷を象徴するものだったんですね。

でも…

「この大音量のカエルの鳴き声、いったい何匹のカエルが鳴いてるんだろう…」

と想像するとゾッとするんですけどね( ;∀;)

ヘビの赤ちゃんと間違える

カエルのボスに続き…
わたくしまたもやらかしてしまったんです…。

先日、庭で伸び放題のタイムの剪定をしていたところ、レンガの下から覗く青い尾っぽを見つけてしまった私…( ゚Д゚)

あかん…ヘビの赤ちゃんや

一撃で仕留めなければ危ないと判断した私は、鍬で見事一発で仕留めてしまった…。

尾っぽを巻いて隠れていたトカゲを…

もう…ショックで泣きそうでした。尾っぽが青くキラキラ光る綺麗なトカゲでした…。あとで調べたら、トカゲは子どもの時は尾っぽが青いんですね。

まだ子どもだったんです…。

冷静になって考えたら、ヘビじゃないって分かりそうなものなのに…。

トカゲ隊長登場

「トカゲに一撃事件」からしばらくして、またあのトカゲと同じ綺麗な青い尾っぽのトカゲが現れました。

サイズもちょうど同じくらいだったので、もしかするときょうだいだったのかもしれません。

庭にトカゲがいるなんて、少し前の私なら、気持ち悪くて大騒ぎだったことでしょう。

でも今は、「虫を採ってくれる」という一点で

「庭のにっくき虫から守ってくれる自分の味方」

のような感覚になるから不思議なものです。

どうやら、家庭菜園を囲っているレンガを住み家にしている様子…。

私が家庭菜園の手入れをしていると、ひょっこり出てきて、あちこちパトロールするようにうろついてはレンガの穴に入って行きます。

この子は名付けて、

「トカゲ隊長!」

トカゲ隊長粘着シートに捕まる

事件です。

あんまり虫が多いので、100均のハエ取りシートを屋外のごみ箱前にぶら下げていたのですが…。

虫取り粘着シート

ある日の早朝、なんということでしょう…。

トカゲ隊長がかかっていたのです…。(まるでゴキブリホイホイ…)

ヤバい、またやっちまった…もう、

頭の先から尾っぽの先まで粘着シートにビッチリ

引っ付いています。

一瞬もうダメかなと思ったけど、草抜き道具の先っちょで、頭からゆっくり持ち上げてみると少しずつ剥がれてきた!

いける

トカゲの体が少しずつ剥がれていき、残すは長い尾っぽのみ…

きゃー!!( ;∀;)

体が自由になりつつあるトカゲ隊長、大暴れ!!
その後、暴れすぎてもう一度張り付いたものの、無事元気に去って行きましたとさ…。

尾っぽを身代わりに残して…。

いや、私捕まえて食べようとしてたわけじゃないから大丈夫よ?
尻尾置いてかなくて…。

てか…

気持ち悪いから勘弁して~!!

トカゲは敵に襲われると尻尾を身代わりに切り離し、切れた尾っぽもしばらく動いているというが…

尾っぽは粘着シートにビッチリ引っ付いており、そんなものは見なくて済んでホッとした。

一瞬、

「トカゲの恩返し」

…なんて言葉が思いが浮かりしたが、いやいや、その前にトカゲ隊長のきょうだい殺めちゃってるし…。

てか、トカゲ隊長こんな目に合わせたの私だし…( ;∀;)

トカゲ隊長、元気にしているだろうか…体中ベタベタで困ってないかなぁ…。

そして、りすのガーデンライフはつづく…。