【予知夢】夢の続きが現実に起こる!?夢が現実と繋がっていた話

驚く赤ちゃん

あなたは予知夢を見たことがありますか?

夢って自分だけのものなので、人に言っても分かってもらえないことが多いんじゃないでしょうか?

予知夢はただの偶然なんでしょうか?

今回は私が最近立て続けに見た不思議な夢体験をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夢の続きが現実に起こる!?

最近買い替えた電子レンジは今どきのタッチパネルになっていて、押したかったスイッチの上下どちらかが誤って反応してしまい「チッッ」ってなることがよくある。

それが今回夢の中に出てきまして…

夢の中ではタッチパネルのメニューが「レンジ」とか「オーブン」とかではなく、「電話」「メール」に変わっており、夢の中でもやはり誤って…

「メール」を押したかったのに「電話」を押してしまったんです。

「あ!間違えた!!」と思った次の瞬間、

現実に…

家の電話が鳴り響いて目が覚めた。

…というどうでもいいけどビックリした話(笑)

その時掛かってきた電話も全く重要な電話などではなく、いつも休みの日に掛けてくるりす太(息子)の友達からの遊びのお誘いだった。

夢と現実が繋がってた!?

この話をダンナに話すと、

「あぁ~夢って結構繋がってるからねぇ。俺もこの間りす太が太鼓(いつもやってる太鼓の達人のゲーム)叩いててウルサイなぁ~って思ってたら夢で、目覚めたらみんな寝てたわ。凄いリアルやったのに。」

だって。

いやいや、それは…

夢と現実が繋がってなかった」話

夢と現実が繋がってた」

私のどうでもいい予知夢

と…

一緒にすんな。

でもこの夢、ほんとにどうでもいいけど、面白いと思いませんか?
何がどうなったら、夢で見ていた内容の続きが現実で起こるのか…。

それも一秒ほど先の未来に…(いったいどうしろと…)

予知夢を連発するの巻

そういえば前にも…

起きる前にダンナと口論する夢を見て凄い嫌な気持ちで目が覚め…

その後朝ご飯の最中に些細なことですごく嫌なことをダンナに言われて口論に…夢の時と同じ気持ちになり驚いたことがあった。

さらにそういえば、私…

幽霊が見えないからいいものの、子供の頃からたま~に不思議なことがある。
第六感的なものが「ある」か「ない」かで言えば「ある」方なんですよね…。

どんなことがあるのか…話せば長くなるのでまた改めてお話しますね。

ところでこの記事…

「ショボい予知夢体験1話完結」

でお送りする予定だったのですが、

そのあとなんと…

「ショボい予知夢2話連続追加」

されまして、急遽編集され3話編成となりました。祝!!

その予知夢というのが…

【第2話】「オーダー!ウインナー!!」の巻

最近新型コロナの報道を連日テレビで見ている影響か…
うちの中学生になる息子りす太が新型コロナに感染し、ホテルに入院しているという縁起でもないを見ました。

でも夢の中で息子は幼稚園児で、ずっとおしゃべりしていて元気そう。

テレビで感染者がホテルの部屋の前にお弁当を置いていかれるという情報が頭に残っていたのでしょう、夢の中でもそういう設定になっています。

看護師さんとお医者さんに子供の様子を聞くのですが、どちらに聞いても

「ウインナーが食べたかったそうです」

と言われる夢。

今でもそうですが彼は昔からウインナーが大好き。

「あ~ウインナー入ってなかったか~」

と思った次の瞬間、キッチンから…

「ウインナー食べる~?」

というダンナの声

「食べる~!!」

という息子の声…。

ビックリして跳び起きましたね。

まったく…朝っぱらからウインナーウインナーて…
どんだけウインナー食べたいねんっ(笑)

第3話「暗闇に連れて行かれる」の巻

これはちょっと怖かったですね。

私が夢の中で、夜の真っ暗な校舎の廊下を歩いているのですが…(まるで肝試し)

突然真っ暗な教室に誰かに引っ張り込まれるんです。
(真っ暗で人の手の感覚だけがある)

夢の中ではゲームのような設定で、タブレットのようなものを持っていて、

「こういう時はどのアイテムを使おう」

…なんて考えてるところでふと目が覚めるとまだ夜中…。

「なんか怖い夢を見たなぁ…」と寝返りをうち、またウトウトしていたら…

隣のベッドで寝ていた息子がなぜか突然飛び起きて、

真っ暗な廊下に出て行こうとしている!

「りす太!!」(息子)

慌てて呼び止めると、目が覚めたのか真っ暗な廊下に驚いてとんで戻ってきました。

寝ぼけていたんでしょうか…。

小さい時は子どもが夜中にトイレに行きたくて起きると、一人で行けなくていつも付き添っていました。
今では夜中にトイレに起きること自体がありませんが、夜中に一人で真っ暗な廊下に出て行くなんて今でもできないんじゃないかな…。

何しろとんでもない怖がりで、せっかくベッドを買ったのに中学生になっても自分の部屋で眠れないくらいなのです。

朝、本人に昨夜のことを聞いてみましたが、どうして夜中起きたのか覚えていないとのこと。

暗闇に連れて行かれる繋がり…

あの時、私が怖い夢を見て目が覚めていなかったら、部屋を出てどうするつもりだったのか…。

この夢は最初の2話とはちょっと違い、夢の続きという訳ではないですが夢と同じような状況が息子に起こりました。(初めて役に立った)

…。

どうして夢が現実の世界と繋がるのさ…。

本当に不思議…。

守護霊的なもの?

夢繋がりでもう一つ…。
ちなみに最初に言っておきますが、このブログは宗教関連のブログではありません。
ご安心ください。

最近、お笑いの人でも「人に付いているものが見える」人がテレビで取り上げられておりますが…。

私の場合、守護霊様なのかただ単に付いている人なのか、私は見えないのでわからないのですが…。

今までの人生で三度ほど、絶対遅刻できない日に寝坊しかけ、誰かに起こしてもらってるんです。

私は、子供の頃から朝が苦手で、午後からやっと元気が出てくるタイプの人。
寝つきが悪いのもあるのですが、スマホのスヌーズを3分置きに繰り返し、やっと起きられる人なのです。

最初に起こったのが、

「おへそを指で押して起こされる」

もうね、寝ながらすんごい辛い訳です。

眠いのに、人差し指でおへそを結構な力で押されてる感覚がバッチリあって、

「やめて~やめて~」って感じです。
やっと逃れるように目を覚まし、時計を見る…。

急げばギリギリ間に合う時間…。

「え…誰か起こしてくれた?」

「…誰に?( ;∀;)」

あと、脇腹バージョンもありました。

私、小学生の時プールで友達に背後から脇腹触られて…

とっさにエルボを食らわせ、友達をプールに沈めたことがあるくらい腹回りが苦手な女

そんな私の急所とも言える腹回りを攻撃し、起こしてくれている人がいる…。

そんなことが確か三度ほどあったと思います。

どうでもいいけど…

その起こし方!!

「もうほんとに腹回りだけはやめて欲しい!!」

っという切なる願いがその人に通じたのか、もうそういう人はいないのか、それからはもうないですね。

今になってこうして書いてて思うんですけど…

もし本当に私のことを見えないながらも助けてくれている人がいるとしたら…

それだけで生きる勇気が湧いてくるというか…

「頑張って生きよう」

と思うんです。

もしかしたらこういうのって自分が母親になって、子供の幸せしか考えなくなって初めて分かるようになったのかもしれない。

私も死んだら息子の事が心配で、陰ながらピンチの時は助けてやりたいとか思う。

そういう意味で…

やっぱり私の腹を突いて起こしてくれたのはご先祖様なのかしら…と思ったりする今日この頃。

おわりに

テレビを見ていると、世の中には説明のつかない不思議なことが沢山あるみたいですよね。

でも作り話をする人がいるせいで、何がホントで何がウソなのかわからない状態。
「人を騙そうとする人」があまりに多い。

なんだかさみしいですよね…。

私こういうテレビ大好きなのですが、鼻から「ウソ」とは決めつけずに「どうなんだろうね、本当だったらスゴイね」という気持ちで見ています。

だって…

「わからない」から勝手に「ウソ」だとは決めつけない。

宇宙人とか小人とか妖精とか瞬間移動する人とか…(笑)
全部本当だったらホントにスゴイですよね!!

私なんかは、なんでも人に言われると、「そうなのか…。」と信じて騙されてバカにされるタイプ(さすがにおかしな話には気付きますが)

いちいち人の話を疑って聞くなんてことはないし、そもそも人をわざわざ騙そうとする意味が分からないというバカっぷり。

でも実際説明のつかない不思議な体験をしている人は

世の中…

めっちゃおる

と思うんです。

第六感のような…

何かを察知するセンサーのようなものが自分の中に眠っていて、ふとした時それが働くのだとしたら…。

それらをそのまま感じ取れる素直な心がないと何も気が付けないんじゃないのかなと思うんです。

家族の様子とか最近この子元気がないなぁとか、あの人ヤバい感じするみたいな(笑)

大事だと思いませんか?

自分の気持ちしか見ようとせず、いろんな大切なことを気付けないでいると、知らない間に人を傷つけていたり、そのせいで取り返しのつかないことになったりすると思うのです。

そういう人は催眠術にかからない人と同じで、もしかすると感じることはないのかもしれない…。

知らんけど…。( ゚Д゚)

「気付かない」ことはある意味罪だと思うし、
「気付けた」ことはもしかしたら未来の何かを変えてくれるかもしれない。